中古ドメインでSEO対策

SEO対策では中古ドメインは強いサイトになると言われています。中古ドメインは被リンクが最初からついているので、そのまま引き継ぐことができるので有利な状態でスタートできます。中古ドメインのメリットをたくさんご紹介していきます。

類語で作成・使用されていた中古ドメインが狙い目

SEO的な目的で言えば、新規ドメインを取得してサイトを1から育てていくよりも中古ドメインを取得した方が圧倒的に小売りが良くなる可能性があります。全ての状況で良い結果が得られると言う訳ではありませんが、効果的な(中古)ドメインを取得することはSEO的には非常に重要です。

新規でドメインを取得する場合であれば、自身が運営している、もしくはしようとしているWEBサイトに合わせたドメインを作成することが大切です。例えば、「美容」をテーマにしているWEBサイトなのに「hello.world」と言った関連性も何もないドメインにしてしまってはいけないということです。美容がテーマであるならば、単純に「cosmetic」というものもや「diet」と言った関連性のあるものや類語を用いて作成することが必要です。

ただ、新規ドメインを取得する場合には効果的なSEOテクニックはもちろんのこと、効果的に上位表示させるために様々なテクニックが必要になります。最も基本的な方法で言えば「価値のあるコンテンツを作り、増やしていく」と言うことになりますが、当然そのためには大きな労力が必要になります。

しかし、中古ドメインを使用するとすでに一定程度の被リンクやページランクなどがある状態からスタートすることが出来るので、取っ掛かりの部分で必要な労力は少なくなりやすい傾向にあります。もちろんそれだけに頼ったサイト運営ではすぐに順位が下がってしまう可能性が高くなりますが、少なくとも新規ドメインを取得するよりも効率よくページへの流入を期待できるという点では大きなメリットがあります。

また、新規ドメインに対しては「エイジングフィルター」の存在も無視することが出来ません。せっかく集客力が高くなってきたところでこのエイジングフィルターにかかってしまうと、その時点から約半年近くもの間表示が圏外になってしまいます。いつどのタイミングでエイジングフィルターにかかるかは分かりませんから、一番力を入れなければいけないタイミングでそうなってしまう可能性もあります。

ところが、中古ドメインを使用すればこのエイジングフィルターにかかるリスクを回避することが出来ます。100%と言う訳ではありませんが、ある程度の運用期間があるドメインであればそのリスクはほぼ無いに等しい状態で運用していけることが期待できます。その際、適当に中古ドメインを購入するのではなく、「自身が運営しようとしているWEBサイトに対してマッチしているドメインを使用する」ということはしっかりと意識しておきましょう。

中古ドメイン関連記事