即効性に秀でているレビトラ

レビトラの特徴は、即効性が非常に高く他のED治療薬と異なって食事をすることでの効果に対する影響がほとんどないのです。
レビトラの主成分であるバルデナフィル塩酸塩が非常に水に溶けやすい性質をもっており、服用から30分で効果があらわれます。
一応、食事については700キロカロリー内という制限が存在します。
レビトラは作用が非常に強いため器質性勃起不全などの神経へのダメージから来る勃起障害に高い有効性と安全性が認められているのです。
即効性やED治療薬としての最大の効果を発揮したい場合は、空腹時に使用しましょう。
レビトラを使用した際に起きた副作用ですが、実験では服用量が多くなればなるほど副作用の発症する可能性が高くなっています。
それでも基本的な用量を守っていただければ、レビトラを使用した場合の副作用は発症しずらいと考えられます。
バルデナフィル塩酸塩は肝臓で代謝が行われるので、肝機能障害を持つ方や高齢者の方に作用・副作用のどちらも強く出る可能性があります。
服用する際に注意していただきたいのがグレープフルーツです。
制限内の食事であってもグレープフルーツはレビトラの作用を阻害してしまう可能性があります。
既に世界ではレビトラのジェネリック医薬品が積極的に販売されていますが日本では認可されていないので、販売されていません。
購入の際は個人輸入やインターネットの医薬品販売サイトでお求めください。