中古ドメインでSEO対策

SEO対策では中古ドメインは強いサイトになると言われています。中古ドメインは被リンクが最初からついているので、そのまま引き継ぐことができるので有利な状態でスタートできます。中古ドメインのメリットをたくさんご紹介していきます。

中古ドメイン選びは同義語や高ページランクが重要

ページランクのイメージインターネット上で何らかのコンテンツを作成する場合、その目的が備忘録や身近なコミュニティでのみ使用するものである場合はあまり気にしなくてもいいのですが、そのコンテンツを利用して集客・利益を生み出すと言ったことを目的としているのであれば「ドメイン選び」は非常に重要です。

ドメインとは、簡単に言えば「インターネット上での住所」です。住所がはっきりとしているWEBサイトだからこそ多くの人から信用を得ることができ、さらには住所を知っているからこそ多くの人がそのWEBサイトを閲覧することが出来ます。特定の住所(ドメイン)を持たずに運営されているWEBサイトの場合、仮にそのコンテンツを高く評価してくれる人が居たとしても「いつの間にかWEBサイトが見られなくなってしまう」という可能性があります。

せっかく評価してもらっていたとしても、そのコンテンツが見られなくなってしまえばその人は別のコンテンツを探すことになり、自身が運営しているWEBサイトでは、また新たに集客をしていかなければなりません。しかし、しっかりと半永久的に固定された住所を持つことが出来れば、そのドメインはずっとインターネット上で自分自身のWEBサイトへの住所を示し続けてくれるようになるため、積み上げたプロセスが無意味になってしまうことが無くなります。

ただし、ドメイン自体の評価を高めることは簡単ではありません。新規でドメインを取得した場合、そのドメインは「自分以外の誰にも認知されていない状態」です。まずはそのドメインおよびその先にあるコンテンツを多くの人に認知してもらうことが必要になるため、「SEO対策」などを駆使して多くの人の目に留まる様にしていくことになります。しかし、新規ドメインに関しては「エイジングフィルター」というものが影響してくるため、取得から一定期間は低評価を強制されてしまう可能性があります。

エイジングフィルターは新規ドメインに対してのみ行われる対策であるため、すでに取得から一定期間を経過している中古ドメインの場合はその心配がいりません。つまり、取得後すぐに上位表示を獲得することが出来る可能性もあるということです。

その際、クローラーにとって長期間高評価を点けてもらうためにも、中古で取得するドメインに関しては「新しく作成するコンテンツにマッチしたキーワード、もしくは同義語」を選択すると良いでしょう。また、高ページランクのものを選べば集客力を高める効果にも期待が持てます。

中古ドメイン関連記事