中古ドメインでSEO対策

SEO対策では中古ドメインは強いサイトになると言われています。中古ドメインは被リンクが最初からついているので、そのまま引き継ぐことができるので有利な状態でスタートできます。中古ドメインのメリットをたくさんご紹介していきます。

中古ドメインにco.jpやwwwを使うのはアリ?

wwwサブドメインのイメージ中古ドメインとしてco.jpやwwwドメインを使うのは非常に有効な手です。

co.jpを利用しているのは企業サイトであったり、wwwは古くから存在しているドメインであることから、健全なサイトや、質の良いリンクをもらっている可能性が高いためです。

そのため、SEO対策の激しいジャンルで上位表示しているサイトの中にはco.jpやwwwドメインが見られることが多々あります。

競合の激しいジャンルで上位表示するためには優秀な中古ドメインが欠かせません。
新規ドメインだけでは、なかなか太刀打ちできないジャンルでは、このような優秀な中古ドメインを取得していくべきです。

ただし、co.jpや、wwwといった中古ドメインを個人の力で入手することは難しく、ほとんどの時間を中古ドメインの取得に費やさなければなりません。
このような優秀で且つ、珍しいドメインがドロップされることは珍しいため、意図してこの手の優秀なドメインを取得していきたいと考えるならば、中古のドメインを取り扱っている専門サイトなどで購入するのが良いでしょう。

しかし、この手のドメインは高額な金額で取引されているため、中古のドメインを運用することに長けていたり、それなりの覚悟を持って取り組んでいかないかぎりは、手を出さないほうが良いドメインでもあります。

いくらco.jp、wwwの入っている中古のドメインであったとしても、そのドメインが必ず上位表示がしやすいドメインであるかはまた別の問題であり、そこには中古のドメインを見定める経験的な判断能力や目視が必要になってくるからです。

これらのことに関して全く不安がなく、この手のドメインを運用していける人は積極的に取得していくことをおすすめします。
もし、中古のドメインの運用に少しでも不安があったり、自信があまりないのであれば、まずはそれなりにドメインパワーを誇っている安値の中古のドメインを運用して、慣れてからでも遅くはありません。

優秀なドメインは年月を重ねるごとに増え続け、同時にドロップもし続けています。
この瞬間にしか手にはいらないドメインは多数ありますが、それと同等な価値を持っている中古のドメインは、今後も入手できる機会がたくさんあります。

まずは、自分で中古のドメインをしっかりと運用して、活かしていくことができるような経験を積んでから、この手の希少なドメインに手を出していくのが一番良いと言えます。

中古ドメイン関連記事