中古ドメインでSEO対策

SEO対策では中古ドメインは強いサイトになると言われています。中古ドメインは被リンクが最初からついているので、そのまま引き継ぐことができるので有利な状態でスタートできます。中古ドメインのメリットをたくさんご紹介していきます。

中古ドメインは最初からSEOに強い

SEO対策のイメージ無料で公開されているホームページは、これまで培ったノウハウが発揮される場に該当します。
過去に投稿した内容は作業履歴に相当するところへ一時的に保存され、現在有力となっている「クラウド」システムを上手に活用することがポイントです。
またさまざまなコンテンツが公開された内容を紐解けば、これから流行る内容や傾向を理解するきっかけが生まれていきます。最初の段階であれば中古ドメインで大丈夫な内容があり、SEOなど集客率をあげる内容がはっきり見えてきます。
無料の範囲でどこまでできるかという内容が今後は大きな権限を持つようになるため、管理体制や独自の思考でドメインの内容へアプローチすることが重要となるわけです。
ドメインを活用できるメリットを想定していけば、心を込めて作り上げた状況が現実的になっていきます。最新式のドメインとの違いを明確にして、更新時期にふさわしい内容を提示することが大事になります。
確かなビジョンを提示する環境が出ていけば、SEOへプラスの効果が生まれていきます。コンテンツが重視される傾向が現在は主流となっており、価値ある内容がどれだけ表現できるかがポイントになります。合致するテーマをしっかり確認していけば、これからのトレンドが何かを把握する要因が出ていくため、中古ドメインの質を改めて確認することが大切です。
長期で運用する方は、信頼関係を少しずつ築いていく内容が大切となり、リンクの概要をしっかり見ておくことが重要です。情報をうまく引き継ぐことができれば、検索する確率が上がり、最適な内容が提示されるようになります。入門者が中古ドメインを導入する傾向がはっきり見ておけば、ブログやSNSなどの内容がはっきり出ていきます。一連の流れをじっくり見ておけば、日常生活に結びつく中身が判明していき、ITのノウハウが大切な要因が生まれます。
法人向けのサービスを実施するならば、まとめて他のプランを契約する状況が大事になります。ドメインは相手に覚えやすい内容も重大な要因となっていくので、最適な環境を追い求めていく部分が必要です。
ホームページに好印象を与えていく内容がわかれば、販売業者の意向や将来へ結びつく内容がはっきり出ていきます。リンクで他社と上手につながることになれば、理想的なビジネスソリューションの意向がしっかり判明していくようになります。将来の目標を叶える要因を考えていくことが重要です。

中古ドメインはエイジングフィルターに苦しまない

新規ドメインを取得した際、「一定期間は検索エンジンに表示されない、または表示順位が下がる・圏外になる」と言った状態が起こり得ます。これを「エイジングフィルター」と言い、効果的にページ流入を求めるうえでの大きな足かせとなっています。
ドメインを取得する目的は様々なものがあります。アフィリエイトやアドセンス収益を狙ったWEBサイトを運営する、自社のサービスやイベントなどをPRする、ブログを運営する、wikiを運営するなど様々な目的がある中で、エイジングフィルターによってこれらのスタート時期が遅れてしまうことで競合他社に負けてしまうことも考えられます。
尤も、スタートの段階で後れを取ったとしても「WEBサイトの価値」が高ければ徐々に状況が改善されていくものではあるのですが、すでに一定程度のPV数を得ている状況でエイジングフィルターに掛かってしまうと、そこから先の一定期間は新規に作成したページが圏外表示になってしまうため一気にPV数が減ってしまいます。
PV数が収益に直結するような状況であれば、この期間は期待する収益が得られなくなってしまう可能性が高いだけでなく、「ペナルティー処理に遭ったと勘違いしてしまう可能性」もあります。ペナルティー処理になるとそこから先は半永久的にドメインの価値が無くなってしまうため、再び新しいドメインを取得して一からWEBサイトを作り直す必要があります。
しかし、エイジングフィルターはペナルティーではない為、一定期間でランキングが復活します。明確な期間は公表されていませんが、おおむね3~6か月で状況が元通りになるとされています。その期間を耐え忍ぶことが出来れば、その後はまた期待通りの収益が得られる可能性がある訳ですが、「起きている状況の原因がエイジングフィルターである」と判断できるかどうかは別の話です。
兎にも角にも、そうした状況が起こるからこそ問題がある訳ですので、「エイジングフィルターにかからないドメイン」を使用することが出来れば問題の多くが解決します。このエイジングフィルターは「新規ドメイン」を対象に行われているものであるため、中古ドメインを使用すればエイジングフィルターにかからずに済む可能性が高くなります。
また、中古ドメインには「過去に運用されていたときの被リンク・ページランクも引き継げる」というメリットもあるので、いち早くWEBサイトを認知してもらう方法としても非常に有効です。

中古ドメインは時にはスパム判定されることも

スパム判定された時のイメージ自らサイトを作って運営する時、FC2やアメブロのような既存のサービスを利用して運営することもありますが、自由にカスタマイズし、個性を演出するには制限の多い既存サービスではなく、独自ドメインを用意するのが基本です。ただ、新規で独自ドメインを取得すると高価であったり、安いものではインターネット検索されにくいなどのデメリットがあります。そこで多く利用されているのが中古ドメインと呼ばれるものです。これはかつて別の人がサイト運用で使っていたものの、現在は不要になったため売りにだしているドメインです。中古なのでもちろん新規購入より安価で入手できますので予算が少ない方はよく使う方法です。また、中古ドメインは過去の使用者のネットでの評価を引き継ぐため、前回しようしていたサイトがGoogleやYahooなどの検索エンジンに高評価されている場合、いきなり優良サイト認定を受けた状態でサイト運営が可能です。基本的に新規で優良認定を受けるには半年から一年は軽くかかるので、大幅に時間を節約することが出来るため好んで使う人もいます。
一方で中古ドメインを使用することで大きなデメリットを抱えることもあります。それがタイトルにもなっている「スパム判定」です。スパム判定を受けているとパソコンやスマホに導入されているセキュリティソフトにブロックされたり、大手の検索エンジンで検索できなくなったりと不便な点が多いです。なぜこのようなことになるのかというと前述した「評価の引継ぎ」が原因となります。評価は良い評価なら有利に利用できるのですが、悪い評価だといきなりマイナス状態からサイトの運営をすることになってしまいます。良い評価を引き継ぐのではなく、プラスマイナス関係なく評価を引き継いでしまうのです。そのため中古ドメインを選択するときにしっかりリサーチしていないとプラスどころかスタートラインに立つことすら危うくなってしまいます。これらのマイナスドメインを避けるには、明らかに相場より安いものを買わない、販売しているドメインの過去を探るなどが重要になってきます。
マイナスドメインを避けて、優良ドメインを手に入れることができたら中古ドメインはものすごく活躍します。どれだけリサーチが出来、市場を分析できるかがカギになってきます。逆に見抜く力に自身がない人は高くても、新規購入する方が安心してサイトの運営を始めることが出来ます。

中古ドメイン関連記事